中の島あおば鍼灸整骨院

アクセス

Close

ブログ

もうすぐ白露

こんにちは!なかのしまケア鍼灸整骨院、河端です!

ここ最近は天気がよかったですが今日の夜中から大雨みたいですよ!じめっとした日が続き気分もあがらないですね・・・。

 

「それってなんですか?!」第2回 ぎっくり腰 についてのお話しさせて頂きたいと思います。

まず、ぎっくり腰は腰の筋肉の痙攣とそれに伴う組織の炎症です。

筋肉の痙攣とは?

わかりやすく言うと、夜中に足をつった経験をされた方ありませんか?

筋肉が突っ張ってとても痛いですよね。必死に足を伸ばしてストレッチするという経験があるんじゃないでしょうか。

ぎっくり腰はあの痛みが腰で起こる症状だと思ってください。

例えば足首の捻挫も名称は違いますが同じ症状なんです。

ぎっくり腰は炎症を伴う急性の腰痛です!!

「脚がつる」との違いは、炎症があるかないかです。

なのでぎっくり腰は肉離れに近く「腰痛ねんざ」とも言われることもあります。

 

「ぎっくり腰」はどのようにして起こるんでしょうか?

重たい荷物を持ち上げたとき、朝の洗顔でまえかがみになったとき、

くしゃみをしたときなど日常のちょっとした動作がきっかけで起こることも多々あります。

では急性の腰痛(ぎっくり腰)に対してどういう風に「対処」すればよいのでしょうか?

まず湿布や痛み止めでは治らないです!応急処置にはなりますが良くなるわけではありません。

痛みが収まれば「治った」とされますが

それは間違いの元です。

それを治ったとしてしまうからぎっくり腰はクセになるのです。

なぜならぎっくり腰が起こる要因の

筋肉の強張りや収縮が残っているから。いつまた再発するかわかりません。

また、絶えず腰の事を気遣って椅子から立ち上がる時、机に手をついてそっと立つなど

いつも心配がつきまとう状態がずっと続くことになります。

「治る」というのを私たちは

ぎっくり腰が再発せず腰を気遣って生活しなくても良い状態としてます。

とりあえずの応急処置で痛みがとれているのを「治った」にしてしまうと「クセになる」のです。

原因を取り除くケアをして、アフターフォローをすれば再発もしませんので

 

ぎっくり腰はくせになりません!

 

いま腰痛(ぎっくり腰)に悩まされてる方、後遺症をお持ちの方はぜひご相談ください!

 

 

IMG_1521

 

 

 

 

交通事故治療の際には、ぜひ実績験豊富な豊平区の整骨院「なかのしまケア鍼灸整骨院」にお任せください。

 

(1) バス停、中の島駅前より徒歩10秒!

(2) 平日夜8時まで!

(3) 近隣コインパーキング使用可能!

 

☆ささいなご相談でも、まずはお問い合せください。

011-825-6356

(平日9:00-20:00/土9:00-17:00)

 

☆住所

札幌市豊平区中の島 1 条 1 丁目7-11 藤井ビル1F

 

主な症状

吸い玉
美容鍼灸

グループ一覧BRABCH CLINIC

レバンガ北海道