中の島あおば鍼灸整骨院

アクセス

Close

ブログ

足裏の痛みのある方へ

%e8%b6%b3%e5%ba%95%e8%85%b1%e8%86%9c%e7%82%8e

こんにちは!なかのしまケア鍼灸整骨院、河端です!

最近は半袖ではいられないほど気温が下がり羽織るものが必要な時期になってきましたね、

でも僕は四季の中で秋のこの時期が暑くなく、そこまで寒くないので過ごしやすくてすきです!

オータムフェスタも始まり食欲の秋でもあるので北海道の秋は素晴らしいと思います!

 

それでは本日の「それってなんですか?!」第3回は 足底腱膜炎 についてお話しさせていただきます。

ダイエットのために走ろう!とランニングを始めたら足の裏の痛みがでてきた。

朝起きて立ち上がる時に一歩目が痛い、長時間歩いていると踵が痛くなる・・・

そんな経験をされた方は足底腱膜炎(足底筋膜炎)かもしれません!

どのような症状か?

足底腱膜炎とは、足の裏にある筋肉の膜と踵の骨の付着部に炎症が起こることをいいます。

この筋と腱膜が本来なら足の裏にある土踏まずを形成し、

アーチを作ることで歩行、跳躍動作の地面に足が接地したときの衝撃やねじれを吸収する働きがあります。

ですが何らかの原因により柔軟性が失われ腱が硬化し腱と踵の骨の部分に炎症がおこってしまうのです

症状が悪化すると腱が踵の骨を引っ張りすぎて、踵の骨に骨棘ができてしまいます。

正しい治し方とは?

足の疲労・筋肉の硬直を治していくことです。

 

 

まず大事になってくるのが

足の疲労をとること

血行を良くすること

筋肉を柔らかくすること

 

この3つが大事になっていき治していくことが早期治療になります。

毎日の生活の中で歩かないことはないですよね、

増してや健康のために毎日ランニングをしている人や営業マンの方は忙しく走り回ってお仕事されますよね。

そこで疲労をとっていく一番の方法は毎日しっかりお風呂に入って疲れをとることです!

シャワーだけ、お風呂に入っているのは2~3分だけだと疲れをとることはできませんよ!

ただ汚れを落としているだけです!

血行を良くするためにも温かいお風呂に浸かりましょう。

 

やってはいけないこと

 

患部を冷やす

足の裏をマッサージする

厚いインソールをいれる

運動する

 

この4つは痛みや

症状を悪化させる場合があります。

患部は必ず温めることが大事になっていきます。

自分で足が病むからといってマッサージをするのは良くないです。

インソール(中敷き)は厚いものやクッション性の高いものに変えても一時的に痛みは無くなりますが、

単にごまかしているだけで疲労が蓄積されていき筋肉を硬くしていくだけなのでやめてください。

痛みがあるうちは余計な負担をかけないように運動は控えてください。

 

足の裏の痛みにお悩みの方はぜひご相談ください!

 

 

交通事故治療の際には、ぜひ実績験豊富な豊平区の整骨院「なかのしまケア鍼灸整骨院」にお任せください。

 

(1) バス停、中の島駅前より徒歩10秒!

(2) 平日夜8時まで!

(3) 近隣コインパーキング使用可能!

 

☆ささいなご相談でも、まずはお問い合せください。

011-825-6356

(平日9:00-20:00/土9:00-17:00)

 

☆住所

札幌市豊平区中の島 1 条 1 丁目7-11 藤井ビル1F

 

主な症状

吸い玉
美容鍼灸